リウマチの治療のために症状を知ろう

リウマチの治療のために症状を知ろう

医学が発達している今の世の中でも、なかなか治療が難しかったりする病気もありますね。

今回は、とても身近な病気でありリウマチについて知っていきましょう。

まず、どのような病気なのでしょうか?

この病気は、関節やその周りの骨や筋肉に痛みが起きてしまう病気のことです。

私たちがよく耳にするリウマチというのは、関節リウマチのことであることが多いです。

この病気にかかってしまう患者さんはとても多いです。

この病気は免疫が異常を起こすことでなってしまいます。

手や足の関節が腫れてしまう人もいれば、同時に痛みが出る人もいます。

重度になってしまうと、大変です。

骨などが大きく腫れあがってしまうために関節が動かせなくなってしまいます。

これでは普通に生活することも困難になりますね。

さらにひどくなると、目や肺など全身に炎症が広がることもある恐ろしい病気です。

そうなってしまうと、本人もとても辛いですし、周りの家族の支えも必要となってきます。

病気であることに、早めに気づき、早めに治療を開始することが大切です。

注意したいリウマチの初期症状ですが、体がだるかったり、熱っぽかったりします。

また、食欲が減少したり、朝起きたときに関節がこわばってしまうということがあります。

その初期症状の後に、関節が腫れてくるのです。

どんどん進行していき全身の関節が腫れるようになります。

過去では、リウマチは治らないとされていましたが、医学は日々進歩しています。

治療するにあたって病気の進行を遅らせることはできるようになってきました。

しかし、なかなか根気のいる治療になりますので、患者さんもお医者さんと一緒に治そうという強い意志が必要になってきます。

治療法としては、効果の高い薬で炎症を抑え、進行を遅らせます。

薬には関節が壊れて行くのを食い止めるほどの効き目があります。

なので、患者さんはなるべく生活に支障がないように治療できるのです。

薬を使うことの他にも、必要な時は手術を行います。

リハビリも積極的に行います。

リウマチの薬にもさまざまな種類が登場してきているので、リウマチの薬についてのサイトで調べてみましょう

リウマチ治療でお悩みの方へ

自分の症状に合った薬を医師と一緒に探してみましょう。